NAOI通信

http://naoi701.blog104.fc2.com/

武蔵野美術大学図書館

昨日、先輩建築家・施工会社・事務所スタッフとで建物の見学会に行ってきました。朝から雨
が降り、あいにくの天候でしたが良い建築を見ることが出来ました。

まずは、藤本壮介氏設計の武蔵野美術大学の図書館です。
中心から渦巻き状に書棚が並んでいるプランです。その書棚は、床から2階の天井までと、も
のすごい高さです。ここに全部本が入ったらすごいとは思うのですが、さすがにそんなことは
無理ですよね。書棚はところどころ穴があいていて、以外にも視線の抜けがある。また、天井
に大きなトップライトがあるので、内部の印象は明るかったです。エントランスを入ってすぐ
の吹き抜けにキャットウォークがあり、何かな?と思っていたのですが、PCが置いてありWeb
スペースになっていました。図書館特有のグリッドのプランではないので、いろいろなところ
に視線が抜けて、居心地が良かったです。
また外観には、ガラスを張り周りの緑を移して、自分自身の存在を消しています。「本の森」
というコンセプトが随所に現れた気持ちのいい図書館でした。

次回は、成蹊大学の情報図書館をお伝えします。




R0028728.jpg
スポンサーサイト
  1. 2010/09/17(金) 13:16:05|
  2. 建物見学
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<運動会とオープンハウス | ホーム | つくばの住宅>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://naoi701.blog104.fc2.com/tb.php/22-656711ec
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)