NAOI通信

http://naoi701.blog104.fc2.com/

現場は常に動いてます

現場は常に動いてます。

設計の都合では待ってくれません。施工会社にとっては、工程の遅れは利
益の損出ですから当然ですね。
施工会社から出てくる工程表(スケジュール)をきちんと把握して、現場
に出向き指示を出さないと意向と違ったものが出来てしまいます。
なので、当社では1ヶ月に数度現場に赴き、監督さんと打ち合わせをして
意図通りかを確認します。
事務所だけでの作業じゃなくて、そとに出ると気分転換にもなって良いん
ですけどね。

ということで、今回も御代田の現場とひたちなかの現場。

浅間山は雪化粧が始まり、現場にもそろそろ雪が降るのでしょうか?



ロフトへの階段は贅沢にも跳ね出しの木製階段。
とてもシンプルな階段。
でも、このシンプルに見せるのが大変なんですよ!ディテールが。
こういうところは打ち合わせを重ねないと残念な結果になりやすいところ
ですね。

R0030259.jpg

続いてひたちなかの住宅。
昨日は、構造事務所、検査機関による構造の金物検査日。

R0030497.jpg

内部でも十字形のプランが浮かび上がってきました。

R0030490.jpg

軒先の補強を確認しているところ。構造的には問題無しでした。
これだけ木造で跳ね出すって、以外に大変なんですよ。
構造計算無しでは、考えられません。こういう箇所が空間的にも出てくる
ので、当社では規模、構造に関わらず必ず構造計算を行うようにしていま
す。

R0030461.jpg
スポンサーサイト
  1. 2013/12/12(木) 13:06:25|
  2. 現場監理
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<菊名のいえ 地盤改良工事 | ホーム | ひたちなかのいえ2 祝上棟>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://naoi701.blog104.fc2.com/tb.php/448-09de234a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)